基礎カイロ実技:後期5月目とクリニカル(2012/02/20)

2月も半ばとなりましたが、
まだまだ寒さが続いていますね。

今年は雪も多いようですが、大阪では雪を目にすることは、
ほとんどありません。雪国の方は、本当に大変かと思います。

日本カイロプラクティックアカデミーでは、
1年間を前期と後期に学期が分かれます。

学期の最終月である9月と3月には、
それぞれ学科と実技の認定試験が実施されます。

先日行われた基礎カイロ実技(検査学2)は、
後期の総復習ということで、半年間のまとめを確認する内容でした。

3月に行われる実技の認定試験は、
進級にも影響するために学生の皆さんは熱心に取り組まれます。
試験のための練習会なども開催されることがあり、(終了後には宴会も?)
一緒に取り組む仲間との貴重な時間であったりします。

また、選択科目とはなっておりますが、
学長が講義を担当する『クリニカル・カンファレンス』という授業もあります。
(年4回実施)

先日行われた内容では、
・脊柱起立筋
・骨盤と肩甲帯の関係
などをテーマに講義が進められました。

私も長い間、学長の村松先生の講義に
参加させてもらっていますが、

■生涯現役
■常に問題意識を持って発展のための取り組みを続ける

を本当に実践されている学長からは、
いろいろと学ばせてもらうことが多くあります。

無事に春が訪れますように。

節分は終わりましたが、
春の訪れを感じるのはもう少し先のようですね。
体調管理に気を付けて冬を乗り切られますように。

2012年度の学生募集の締め切りも近づいております。
迷われている方は、遠慮なくご連絡下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing