臨床カイロ実技:頭蓋骨学(2012/11/10)

久し振りの更新となってしまいました。
2012年度からカリキュラムが変更になり、
これまでの基礎カイロ実技に加えて臨床カイロ実技も毎月実施されています。

 

臨床カイロ実技は、これまで4回/年だったことを考えると、
それはそれはハードなスケジュールとなっています。
学生の皆さんは普段の仕事や生活の時間をさいて学ばれているわけですから、
しっかりした覚悟と目的意識が無いと大変です。

 

先日行われた頭蓋骨学の実技風景をご紹介いたします。

頭蓋骨学の練習風景

 

みんなマスクをしていますが・・・・

風邪をひいているわけではありません。
ましてや、怪しい集団などでもありません。

 

練習パートナーへのちょっとした配慮です。
(※頭蓋骨の施術などでは、顔と顔がとても接近してしまうため。)
練習をする時から、色んなことに気を配れるようになっておくと、
いろいろと臨床現場で役に立つかもしれません。

 

今回の講義では、解剖学的なことは復習としてもちろん学びましたが、
感覚を磨くトレーニング』がやっぱり大切。
ということを多くの学生が実感していたようでした。

 

すっかり朝晩が寒くなってきましたが、
お身体にはどうぞ気をつけてお過ごしください。

風邪の予防と拡散防止には、マスクのご利用もお忘れなく!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing